一眼レフカメラの選び方

この記事は約5分で読めます。

なんとなく一眼レフに興味があるけど、何がいいのか、何がよくないのか知りたい。

そんな初心者に簡単に解説しました。

スポンサーリンク

Q一眼レフカメラの良い点

画質がキレイ

イメージセンサーのサイズがコンパクトカメラやスマホより大きく美しい写真が撮れる。

背景を美しくぼかせる

ボケ具合を自分コントロールでき背景を美しくぼかすことができる。

動いている被写体に強い

オートフォーカスが速いので、動物やスポーツなどの動いている被写体を撮影する時瞬間を見逃さない。

暗い場所でも撮影できる

ISO感度を上げてもノイズが出にくく、シャッタースピードを上げて撮影でき、手振れを防げる。

レンズ交換ができる

撮影したい被写体に合わせてレンズ交換ができます。

超広角から超望遠まで撮りたいシーンに合わせて交換することにより、写真の楽しみ方が広がります。
ボディとレンズは接合部分『マウント』が同じでないと接続できません。
メーカーの違いや、センサーの違いでによって接続できるかが決まります。

スポンサーリンク

Q一眼レフカメラとコンデジはどう違うのか?

A一眼レフカメラはコンデジと違って、センサーサイズが異なります。

一眼レフはコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)に比べて1つ1つの画素が大きいのでより多くの光を効率的に取り込め、その結果、画質が良くなるわけです。

一眼レフの方が大きなセンサーを使用している為、ボケが大きかったり、光が少ない場所で撮影した際ノイズが少ない写真を撮影できます。

ただ、センサーが大きければ大きいほど、キレイな写真が撮れますが、その分価格も高くなってしまうのが残念なところです。

また、本体だけではなく、フルサイズ対応のレンズは価格も上昇しますので、少しハードルが高くなります。

スポンサーリンク

Q一眼レフとミラーレス一眼は何が違うのか?

一眼レフはファインダーから実物を確認しながら撮影できるが、ミラーレスは映った映像を見ながら撮影することになります。

分かりやすいのは電源を切った状態でもファインダーから見れるのが一眼レフ、真っ暗で見れないのがミラーレスなイメージです。

重量       一眼レフの方がミラーレスより重たい

大きさ       一眼レフよりミラーレスの方が大きい

レンズの種類    一眼レフよりミラーレスの方が種類が少ない

センサーサイズ  違いは無くなってきてはいるが、一眼レフの方が大きい傾向

スポンサーリンク

カメラと必ず合わせて買っておきたいもの

メモリーカード(記録媒体)、カードリーダー

SDカード(Class10) 容量1GBで120枚位撮れるイメージ

カメラの画素数や保存形式で撮影可能枚数は変化するので、なるべく容量が大きい方がよい。

また書き込み速度も連射などを多用したい場合は早い方がよい。

SDカードへの書き込みが遅いのが原因で、シャッターチャンスを逃さないようにしておきたい。

レンズペン

レンズについた汚れを取るのに非常に便利、これ一本でメンテナンスできる

液晶フィルム

液晶ミニターを指紋やほこり、傷から守ってくれる。

傷がついてからでは遅いので

スポンサーリンク

カメラと合わせて買っておきたいもの

三脚

夜景や花火などの撮影時に手振れを防いでくれる。

使うシーンは限られるので、急いで買う必要はないが、持っておきたい一品

交換レンズ

きっとレンズで物足りなくなったら、単焦点レンズを購入してボケを楽しんでみてはいかがでしょうか。

レンズ保護フィルム

レンズを水滴やほこり、傷から守ってくれます。

レンズのサイズと同じサイズを買わないといけないので注意が必要!

傷がついてからだと遅いのでなるべく早く購入しておきたいが、レンズのサイズに合わせて値段も上昇傾向。

スポンサーリンク

余裕があったら買ってもいいもの

カメラバック(クッション)

カメラは精密機器なので、クッションの付いた鞄に入れることをお勧めします。

ただ無くても、タオル等で包んでしまえばいいので、自分のお気に入りの鞄が見つかってから買うといいと思います。

予備のバッテリー

旅行とかに出かけるときや、充電し忘れたときにあると便利

無くても充電器があればなんとかなる。

外付けフラッシュ

あれば結婚式などポートレートを撮影する時に便利。

ただ使い方がいろいろあるので勉強が必要。

スポンサーリンク

どんなレンズを買ったらいいのか?

どんな写真を撮りたいかで決まります。

デジタル一眼レフ用の交換レンズは焦点距離を自由に変えられるズームレンズ。

焦点距離が固定されている単焦点レンズがあります。

これらのレンズを使い分けて撮影できるのが一眼レフの楽しさです。

遠い被写体を大きく撮りたい

明るい望遠ズーム 150,000円

遠い被写体を引き寄せて撮りたいならズームレンズがオススメです。
きっとレンズではF値がが大きいため、手ブレしやすいのですが
明るいズームレンズなら短いシャッター速度で撮影できブレも防げます。

広大な広い世界を撮りたい

超広角ズームレンズ 100,000円

広大な世界を撮りたいなら超広角レンズが必要です。
背の高い建物をフレームに収めたいときや、強い遠近感を出したいときに便利です。

よりキレイなボケた写真を撮りたい

単焦点レンズ  30,000円

よりきれいなボケた写真を撮りたいなら単焦点レンズがオススメです。
明るいレンズが安く購入できるので、レンズキットの次に持っておきたいレンズです。

植物などに近寄って撮影したい

マクロレンズ 30,000円

よりミクロの世界を撮影したいならマクロレンズがオススメです。
小さな被写体を大きく写すことができます。
きっとレンズでは撮れない、小さな花や小さな虫を大きく写せます。

その他
スポンサーリンク
シェアする
ゆみみをフォローする
タイトルとURLをコピーしました